The Journal The Authority on Global Business in Japan

ADVOCACY | VIEWPOINTS

December 2013

Promoting Trade, Investment and Tourism in the Kansai Region Under a “One Kansai” Concept
——
To view the complete position paper, please visit:
www.accj.or.jp/images/1317_One_Kansai_Position_Paper.pdf

OVERVIEW AND RECOMMENDATIONS
­—
The Kansai region has an untapped potential to be a driver of economic growth and investment for Japan. To fully achieve this potential, Kansai governments and businesses need to work closely together to develop a coordinated regional strategy to identify and implement policies to promote increased economic activity. The purpose of this paper is to present the American Chamber of Commerce in Japan (ACCJ) Kansai Chapter’s proposal for a “One Kansai” collaboration between the local governments and businesses in the Kansai region. This is the second version of our position paper that was first published in April 2010. Since then, Kansai has seen significant progress with the Union of Kansai Governments gaining momentum, an effort that the ACCJ supports, and the ACCJ actively participating in an Invest Kansai initiative started by various organizations in the Kansai region to present Kansai as an attractive investment alternative.

This “One Kansai” collaboration should enable local governments to more effectively promote the region as a whole and increase foreign and domestic investment into Kansai.

在日米国商工会議所ポジションペーパー

「One Kansai」 コンセプトに基づく関西地域の通商、投資、観光の促進を目指して

概要と提言
関西地域は日本経済の成長と日本に対する投資の担い手となる可能性に満ちている。この可能性を十二分に引き出すためには、より活発な経済活動を促進するための政策の特定と実行のための組織的な地域戦略の展開が必要である。そのためには、関西の地方行政機関と経済界が緊密に連携しなければならない。この提言書の目的は、「One Kansai」コンセプトのもとで関西地域の地方自治体および経済界が連携するという在日米国商工会議所(ACCJ)関西支部の提言を提示することである。本提言書は、2010年4月に発表した第一版の改訂版である。第一版が発表されて以降、ACCJもその取組みを支持している関西広域連合の活動が本格化するのとともに、関西は目覚しい躍進を遂げている。また、関西をより魅力ある投資対象にするため、関西地域の様々な機関や団体によって始動した「インベスト関西」構想にもACCJは積極的に参加している。

「One Kansai」のもとでの連携により、地方自治体はより効果的にこの地域全体の魅力を発信することができ、関西への国内外からの投資を拡大できる。